代表のメッセージ


皆さん、こんにちは。
石川県金沢市から車で20分ほどのかほく市白尾にあるパーソナルトレーニングステーション リアクト代表の安達哲郎です。
 
この度石川県かほく市白尾に完全予約制でマンツーマン運動指導専門の施設を平成275月15日に開設しました。
民間のフィットネスクラブや公共の運動施設などでアスリートや一般利用者の集団指導から個別指導までいろいろな経験をさせていただき、満を持して本物志向のパーソナルトレーニングジム施設を立ち上げました。
 

 少子超高齢化が急速に進んでいる昨今、いつまでも元気で動ける身体は人としての究極の目標だと思います。

私たちはそれぞれのライフステージでそれぞれの目標を掲げています。

ある人は痩せたい、ある人は姿勢を正しくしたい、またある人は足が速くなりたい、将来オリンピックに出場したいなど100人いれば100通りのゴール(目標)が存在します。

 
それを見つけ出すためにリアクトがあるんです。
さあもう一度ReAct(再び動き出す)しましょう。
運動や健康に対する素朴な疑問をひとつずつ解決していきましょう。
あなたの地域の健康アドバイザー“理想のカラダへの完全サポート”のパーソナルトレーニングステーション リアクトです。
 

Personal  Training  Station  ReAct

パーソナルトレーニングステーション リアクト

リアクトの名前の由来

ReAct(リ・アクト)

react 【再び演じる、やり直す】

react  【反応する、(互いに)作用(影響)し合う、逆行する、反抗する、化学反応を起こす】

 

「運動不足がちな方ももう一回行動(運動)を始めよう」

「年齢・重力に逆らおう」

「人(トレーナー)と人(お客様)とがお互いによい影響を与え合う」といったような想いを込めて名づけました。

 

ロゴマークも個々の目標に向かって駆け出し、羽ばたいていくイメージで息を吹き込みました。


 

またstation(ステーション)という言葉の意味にはまさにtrain(列車)が各駅停車だったり、急行列車だったりすると到着時間は違いますが、確実に目的地まで運んでくれることには変わりません。それになぞらえて、「個々の運動の目的・目標は様々ですが、それぞれのペースで目的地までたどり着こう」という意味が込められています。